☆出張

2013.08.25

オレゴン出張-その4

ここまでお付き合いありがとうございました。最後の出張ネタになります!

Img_0021


TKCさんの情報を元に日曜の朝はSCREEN DOORへ。すごい列でした。
僕はケージャン料理とか呼ばれるいわゆる南部料理を食べるのは初めてだったかもしれません。
甘いシロップが乗ったワッフルの上にデカいフライドチキンが3つくらい乗ってるアレですね。

そして、食べながらTKCさんが言っていて「へー」と思ったのが、
「なぜ、アメリカ人は日曜朝に並んでまでブランチを外食する習慣があるのか?」との疑問に
「キリスト教の人たちは(アメリカはほとんどがプロテスタント)聖書の中に日曜は安息日なので、働いてはいけない(家事もだめ)と書いてある。そして教会にも行かなければいけない。だから日曜は家で料理をしないで外食していた。それが今まで続いているのかも。そしてみんな日曜は仕事も休みだから、ただゆっくりしたいんじゃない?」
確かに。仰る通りだなと。
「じゃあ、そのレストランで日曜も働いている人たちはどうなるの?」
という疑問には他人種、他宗教でクリアにしてきたのかな?まあ、世の中矛盾なんていっぱいありますしね。

Img_0026


南部料理でお腹がいっぱいになった後はheart coffeeへ。
前日のグルメセンチュリーでこのheart coffeeのジャージを着ている人(しかも働いている)がいたんですが、男前、ナイス、ジャージがかっこいい、たぶん速い。と絵に描いたようなイケてるヤツでした。


いいね!が欲しくて撮った一枚。


月曜にRaphaに遊びに行ったら結構マジな雰囲気の会議中だったので、渡しそびれていた自分のカードを渡しておいたら、JDがインスタグラムにアップしてくれていました。
無理矢理、京都繋がりのNintendo製の花札にネームシールを貼っただけなんですが、「Nintendo」「花札」「京都」「ヤクザ」「ギャンブル」とキーワードを絡めながら渡すと驚くほど反応が良くて、これから海外用のビジネスカードはこういうのにしようかなと。

Img_0068


これってWhole Foodsなんですが、バルク販売って言って、いわゆる量り売りです。
日本にもおかきとかお米とか結構量り売りってあったと思うんですが、西海岸ってすごい量り売りの文化があるんですよね。
サンフランシスコにもカウンターカルチャーばりばりの生協であるレインボーグロッサリーっていうスーパーがあるんですが、そこは香辛料、コーヒー豆、穀物、チョコ、クッキー、パスタ、お酢、味噌、オリーブオイル、ピーナッツバター、ドライフルーツ、シャンプー、などなどあらゆるものが量り売りで買うことができます。
たぶん、「なんでパッケージされた単位で買わなきゃいけないんだ!?オレたちは自分が欲しいだけが買いたいのに!!」っていうカウンターカルチャー、ヒッピー思想的な理由でそういうのが活発になってるんだと思うんですが、結局みんなテキトーなので、このシステムが機能してる?んだろうなと。
特にこういうリキッド系を量り売りにするのって面倒じゃないですか。でも、このDrブローナーはヒッピー的な製品ですし、わざわざ量り売りに対応してるんでしょうね。(それを支える売上もちゃんとあるんだろうと予想。)


Img_0077


Img_0078


Img_0085


あと、今回はTKCさんが日本総代理店をしているTONIC FABRICATIONでフレームをオーダーするっていうミッションもあったので、TONIC FABのスタジオへ。(残念ながら、写真無し)
そして、その隣にあるVanilla Bicyclesへ突撃工場見学アポをドアをノックノック方式でお願いしてみたところ、快く受け入れて頂いて、1時間弱も時間を割いて案内してくれました。
僕が語らずともそのこだわりたるやものすごいんですが、また欲しくなると面倒な事になるので、心を閉じて見学していた事は秘密です、、。
結局、良い物を作る為にはみんな苦労して時間を掛けて大変な思いをしてるということだけは良くわかりました。でも、それを見れば見るほど欲しくなるっていう、、、。

Img_0098


Img_0100


月曜の夜にレースがやってるよ。っていうことで見に行ったのですが、なんですか、この人の群れは?
これぞ、西海岸って感じですよね。みんな仕事しろよ!!(笑

Img_0104

帰りの飛行機でも2回ほどビル・カニンガムのドキュメンタリーを見て、幸せなフライトでした。

Img_0108


今回は本当に濃い内容のオレゴン出張(本当に出張なのか?というツッコミは無しで、、)でした。
TKCさんありがとうございました!

|

オレゴン出張-その3

なんか長くなって申し訳ないのですが、まだもうちょっと出張日記続きます。

Img_9982


連日の自転車ライドの疲れが溜まって、それぞれの疲労がピークに差し掛かる頃、今回の一番の目的、CHRIS KING主催のグルメセンチュリーライド当日がやってきました。

Img_9988


Img_9992


Img_9994


Img_9997


Img_0009


Img_0010


Img_0016


このイベントは写真を見ての通り、オレゴンの大自然の中を自転車で走り倒しながら、美味しいものを食べまくるという自転車好きで食べることが好きな僕にとっても素敵なイベントでした。

思っていたより、ストイックな内容でしたが、あの大自然の最高の景色の中を走っていることを思い出すだけでまだ余韻に浸れることを思うとあれで良かったのかなと。



グルメセンチュリーが終わった後にCHRIS KINGの工場見学ツアーをさせてもらったんですが、やはり実際作っている現場を見たり、どういう部分にこだわっているとか、こういうところが難しいんだ。とか、こういう経緯があって今はこうなっているんだ。とか、企業として、従業員一人一人が真剣に自分たちの仕事に立ち向かっている現場を見て、聞いて、触ってみてしまうと一気にその世界に引き込まれて、その企業のファンになってしまいますね。

恥ずかしながら、僕はファッション、洋服という世界の中でごはんを食べさせてもらっているけど、彼らと同じように真摯に自分の世界と向かっているのか?ちゃんとそういうところを目指しているのか?ちゃんと人に洋服の良さを伝えれているのか?という思いがツアーの間中、ずっとずっと頭の中をループしていて、それはそれは良い機会だったなと。

僕はPRPSのデニムがどうやって作られているのか見たことがありません。それだけでも失格だな。と。
まあ、デニムの製作過程っていうのは、結構ブラックボックス化(特にヴィンテージ加工部門)されていて、見られたくない、技術が漏れてほしくない工場さんやメーカーさんも多いので、一般には見せてくれないかもしれませんが、聞いてみる価値はあるなと。

あともう1回だけ続きます、、。

|

2013.08.24

オレゴン出張-その2

ニューヨーク出張[その1][その2][その3]オレゴン出張[その1]と続いています。


翌日もyelpで調べた地元のベーカリーへ。
なんかこういうパン屋とカフェが合体してて、なんとも言えない雰囲気の場所なんて日本にないよな〜、とか恥ずかしい事を言っちゃいそうになるんですが、日本には地元民が集まる喫茶店やら、うどん屋、蕎麦屋やら、酒屋とか、駄菓子屋、日常品屋とかがあるじゃないかと思えば、日本にあって、こっちに無いものもたくさんあるなーって。
まあでも、日本には朝食を外食するっていう文化があまりないので、朝飯を食べれるオシャレな場所っていうのはそんなにないのかも。名古屋以外は。

翌日もTKCさんが下調べしてくれていた地元の自転車店のオススメのトレイルコースへ。
「地元の自転車店のオススメのトレイルコース」って朝出発する前に聞くだけで胸アツですよね。
こういうところは本当にTKC TOURSに参加して良かったな!っていう瞬間です。

この日は昼過ぎまで軽くライドをして終了。
ニューポートは観光地でもあるので、メインストリートでランチを。
僕はいわゆるアメリカっぽい食事にすぐ飽きてくるので、、この日はわがままを言ってアジアンなヌードルをww
その後は洗濯したり、スーパーへ行ったり、地元の自転車へチューブを買いに行ったり、

夜はまたyelpで調べた地元のシーフードレストランへ。
たぶんこの辺りから先輩二人には「ogulp」という称号を頂いてました。光栄です。
なんかオレゴンコーストへ来てからほとんどハズレが無いなぁ。
yelpが出来てからアメリカならではっぽい失敗をすることが無くなって、それはそれで寂しいもんですね。
ホント「無いものねだり」ですみません、、。

Img_9966


翌日は早朝に起きて、車でポートランドへ出発。
今回はもう一人の先輩STARFUCKERS須崎さんが全て運転してくれました。ありがとうございます!


Img_9968


ポートランド到着後、ACE HOTEL近くにあるCOURIER COFFEEへ。
店に入った瞬間、カウンターの椅子3つを使って男が寝ているじゃありませんか、、。
でも、こんな小汚い店のくせに出すコーヒーはちゃんと美味いんですよ。
さすが、そこはポートランドだなって。


Img_9970


Img_9971


それとポートランドに来たら、是非行ってみて欲しいのが、ここNong's Khao Man Gaiポートランドローカル3人に「どこか美味しいトコない??」って聞いたら全員がここを教えてくれた。っていう場所です。
ACE HOTEL近くのフードトラックが集まっているエリアの一角にあるんですが、ここは本当に美味しいです。なんか今回はちょっぴりパサっとしていたような気もしますが、相変わらず美味しかった。
僕はタイ料理の中ではカオマンガイとカオソーイが大好きなのです。



Img_9975



さてさて、その後、ACE HOTEL、、、、ではなく川向うの安モーテルにチェックインした僕らはイギリスのサイクリングウェアブランドRaphaのポートランド支社へ。
目的は前日にInstagramにて告知されていたLunch Rideへ参加すること。


正直、それはそれは死にそうになるくらいツラいライドでした、、、。
どれくらいの距離を走るのかを知らないまま、かなりのペースで引きずられ、水も序盤に尽き、、、必死の思いで食らいついていきました。
でも、みんな超ナイスな人たちで気に掛けて走ってくれていたので、そのおかげで走りきれた感じです。僕がパンクした時も「道分かる?パンク修理キット持ってる?」って気に掛けてくれて、ずっと待ってくれてたり。


Img_9979


帰ってきた後、Raphaの事務所でゆっくりしてると、Raphaのスタッフの1人がこのサンドイッチを瓶コーラで流し込んでいる、、。
あまりに美味しそうな組み合わせだったので、彼に聞いて、近くのナイスなグロッサリーでゲットして、コーラで流し込んでやりました。
あの染み渡る感じはもう、、言葉では表せないぐらい美味しかったです。

こちらはTKCさんによるRapah Lunch RideのGoPro動画とブログ記事

【オレゴン出張-その3】へ続く。

|

オレゴン出張-その1

ニューヨーク出張[その1][その2][その3]と続いています。

さてさて、お昼過ぎにはマンハッタンを出て、JFKへ向かい、JFKからPDX(ポートランド)へDELTA AIR LINEで向かいました。

僕はスターアライアンス会員なので、通常はDELTAに乗る機会は無いんですが、今回、往路KIX-HND-NRT-JFKと復路SEA-NRT-ITMはANAでチケットを取って、US国内の移動はまた自分で手配するというチケットの取り方をしていました。

なぜ、まとめてANAでチケットを取らないのか?

理由は簡単で、その方が安いからです。ANAでUS国内線も予約すると、場合によりますが、大体はユナイテッドの正規運賃に近い額で見積もりされてしまいます。
ですが、USというのは非常に国土が大きく、飛行機が日本で言うところの長距離バス感覚で発達、利用されており、当然競争も激化していて、各社が争って値下げ競争しています。
なので、今回はLCC各社の相見積を取ったり、発着時間を検討した結果、DELTAという結論になりました。

ちなみになぜANAなのか?安いのであればもっと他にも選択肢があるのでは?

という考え方もありますが、説明すると長くなるので簡単に言うと
1.定期的に渡航し、マイルを貯めることを考えると思ったほど高くない。
2.サービスがやはり良い。プレミアムモルツが無料で飲める。
3.手荷物預かりの基準が他の航空会社に比べて良い。特に自転車等のスポーツ用品。(これは改変による改変でだいぶ肩身が狭くなってきましたが、、。)
4. 飛行機発着の時間帯が良い。時間が無駄にならず、出張に最適。

ちなみにJALの方が就航先が多いので便利らしいですが、USばかりの僕にはANAで十分かな。

という訳でJFKで機材不良チェックのために1時間半ほど待たされた後、6時間弱ほどのフライトでPDXへ。ポートランドってなぜかわからないけど街も「PDX」って呼ばれてるんですよ。
最初は空港コードの事を言ってるんだと思ってたんですが、みんながポートランドという街のことをそう呼んでいるので、僕もなんかその方がオシャレな感じがして、、、。

PDXへ到着して、荷物受け取り場へ行くと今回のオレゴン出張でお世話になる先輩二人が待っていてくれました。

Img_9868


そして、そのままポートランドの街を通り過ぎて、オレゴンコーストの街ニューポートまで3時間ほどのドライブ。

Img_9872


この日は全員が長時間フライト+長時間ドライブ(先輩二人はシアトルからポートランドも約4時間ドライブ)の後だったので、スーパーでビールをゲットして、そのままモーテルへ。
ふう、お疲れ様でした。

翌朝、yelpでどこかテキトーな朝飯処かないか調べてみるとベーカリーっぽい朝飯屋が出てきたので、自転車を組み立てて向かう事に。

って、日本から持ってきた自転車を組み立てるのに、手こずること手こずること、、、、。
自転車をバラして、箱に入れて、また組み立てて、って結構何回もやってきたつもりだったんですが、今回は今までより小さい箱に詰めるためにいつもは外さないワイヤー類を抜いたりしてて、、。
結局、自転車のプロである先輩二人に助けられるというか丸投げして、、やっと解決!!

そのせいもあったかどうか知らないけど、このフレンチっぽい朝飯がすごく美味しい。たぶん20ドル分くらい食べた気がする。


モーテルを昼前に出て、40kmほど海岸沿いの国道101号を南下。
酷暑だったニューヨークとは打って変わって、西海岸沿い特有の霧っぽい冷たい風が吹くちょうど良い気候。

そうしているうちに目的地のトレイル周辺へ。
この辺りは州立公園がトレイル沿いにたくさんあって、みんながトレイルを楽しみに来る場所らしい。
僕はその中でも自転車で走れるトレイルをCXバイクで走ろう。という目的で今回TKC TOURSというツアーに参加させてもらっていました。

京都でも同じように山の中を走ったりしているんですが、やっぱりアメリカはこういうアウトドアやトレイル整備にものすごいお金を掛けているので、走っていてストレスが少なくて、気持よくて、まあ、でも、「オレは今、オレゴンまでわざわざ来て、自分の自転車でトレイルを走っている!!!」っていう要素が一番気持ち良くなれるんだけど、、。


というわけでクタクタになるまでトレイルを走り倒した後、ものすごい向かい風の中、101を40キロ北上してモーテルへ戻り、シャワーを浴びた後はTKC TOURSに案内してもらって、地元オレゴンコーストのブリュワリーROGUEの工場併設のレストランへ。

Img_9926

正直に言うと、僕は工場併設のレストランとかって、絶対大した事無いんだろうなと思っていたんですが、そんな僕の頬をスライディングキックするような素晴らしい料理の数々。
もちろん気取ってなんかないけど、色んなテイストのフレッシュなビールと、港町らしい店の雰囲気と、美味しい料理と、40オーバーのおっさん二人に囲まれて、、、とにかく最高の夕食でした。

そうして夜は更けて行くのでした、、、、。

こちらはTKCさんのGoPro動画。僕もちょこっと出演させてもらっています。

という訳で【オレゴン出張-その2】へ続きます。

|

2013.08.22

ニューヨーク出張-その3

[その1][その2]と続いています。


Img_9821


さてさて、ここ最近の定宿は安定のユースホステル(確か8人相部屋で一泊36ドルかな?)だったんですが、103stという立地が遠いというのと予約がいっぱいということで、今回は諦め、数軒迷った後にTHE JANEを予約していました。
確かTHE JANEは元々船員たちの寮だったんかな?部屋が2畳くらいしかなくて、シャワートイレが共同だけど、オシャレで1階のバーというかクラブが週末えらい人気なんです。
ACE HOTELの安い版とでも言えばわかりやすいかと思います。
水回りもボチボチ清潔なんで気に入っているんですが、初日に歯を磨いているとシャワールームのドアが開いて中からバスタオル一枚姿の白人女性が、、、。
「えっ!?」という僕に対して、彼女は「ハーイ、元気?」みたいなノリでした。
がーさす。欧米。バスタオル一枚はワンピース着てるんと一緒の感覚なんやで!!

Img_9798

そこの一階にあるCAFE GITANEです。
パリっぽいオシャレなカフェなんですが、何より店員さんがかわいい。
食べ物は普通。
やっぱりこうやってお皿に名前を入れておくとInstagramやFacebookにアップされた時にわかりやすいから良いですね。

Img_9803


この日は大阪重鎮チームとブルックリンのフリマへ行ったり、ミッドタウンをぶらぶらとリサーチしたり。
アップタウンのクロムハーツにも初めて行きました。すごく小さい店だったけど、すごい売り上げなんだろうなと下世話な事を考えていた僕を許して下さい。。
ラルフローレンの本店?にも数年振りに行きました。あの重厚な感じはやっぱり原点ならではですね。
そういえばその途中に寄ったベレッタのお店。すっごいおもしろかった。なんか貴族がサファリで猟銃で狩りして遊ぶ文化の延長線上にある感じで。その割にナイスな店員さんでなか良かった。

Img_9814


Img_9819


その夜はPrps/chimalaの町田夫妻にBastaPastaに連れて行ってもらいました。
僕、初めてここに来た時にサンドラ・ブロックに会ったんですよ。ここで。あの時はすっごい興奮したなー。
日本のお店のニューヨーク支店なので、食事もサービスも質が良くて清潔感があって、僕は好きですね。町田さん、ごちそうさまでした。

Img_9823


その後、ホテルへ戻った後、近くのデリ(コンビニ)が潰れて無くなってしまっていて、でも水が欲しくてしょうがなかったので、CAFE GITANEで水を買ったら7ドルっていう高級なミネラルウォーターしかなくて、、。でも水のくせにすっごい美味しくて。。こんなに水って味が違うんだなって初めて知りました。まあもう買いませんけど。

Img_9827


その夜、到着した熊本の名店MEETS寺田さんと熱い話で盛り上がり過ぎて朝4時くらいまで飲んでしまい、腹が減ったので近くのピザ屋へ。
日本では飲んだシメにラーメンが定番ですが、こっちはピザなんですよね。絶対ラーメンの方がおいしいですよ。飲んだ後は。

Img_9833


翌日は洗濯したり。


Img_9834


アンティークのフリマ行ったり。


Img_9844

Joe's Shanghai行ったり。
って、今リンク探してたら、ジョーズシャンハイって日本にも数店舗あるんですね。大阪にもできてるやん!

Img_9847


ビル・カニンガムが住んでいたカーネギー・ホールを通ったり。

Img_9849


やっぱりMINCAは外せなかったり。

Img_9852


セントマークスの喧嘩っていう居酒屋のこれあかんやろ?っていう提灯があったり。

Img_9862


あっという間にニューヨークを去る日が来たり、、。
全然仕事の写真撮ってないし!

Img_9863


という訳で【オレゴン出張-その1】へ続きます。

|

ニューヨーク出張-その2

ニューヨーク出張-その1からの続きです。

Img_9784


Img_9785


Broomeの金魚屋の角(確かmott st)を曲がったトコにあるPho Bang Restaurantで満腹になった後はSaturdays Surf NYCでお茶させてもらってました。

ここはおもしろくてサーフショップ風だけど、店内にコーヒーカウンターがあって、コーヒーやラテなんかをサーブしていて、奥のバックヤード(裏庭)で飲みながらまったりできるスペースがあります。
奥に写って人なんて、ホールフーズで買ってきたベリーみたいなの食べてまったりしてますもんねw
そして販売しているものはサーフグッズというよりもアパレルメインで、オーナーがサーファーだけどグラフィックデザイナーなのかな?T-SHのグラフィックとか、作ってるアイテムの今っぽさがすごく良いバランスで効いていて大人気みたいです。ってそんなのみんな知ってるか。
最近、ウェストビレッジにも2号店をオープンしたみたいですが、ウェストビレッジってお客さん来るんかな??
ノムデゲール時代から知り合いのmitsu君がここで働いていてステッカーをくれました。ありがとう!

そして、ここの後にSUPREMEに寄ったんですが、客層が違ってちょっとおもしろかったですね。
Saturdays Surf NYC=ヨーロッパ系の観光客
SUPREME=アジア系の観光客
みたいな。響いてる層が全く違うんだなって。

Img_9788


Img_9793


今回は今までに無いくらい猛暑のニューヨークに当たってしまって、たぶん40度近くあったんかな?
毎日めっちゃくちゃ暑くて、、。
でも、メトロ(地下鉄)も駅によってはヒドい暑さだし、タクシーも全然捕まらないし、、。
ということで地元京都でも毎日乗っている自転車のcitibikeにチャレンジしてみました。
これ系のレンタサイクルはパリやミラノなんかでも経験していたので、気軽にクレジットカードで利用してみたんですが、今回、2日ほどクレジットカードの認証がどうのこうのっていうのに引っ掛かっちゃって上手く利用できない時がありました。これ次回までにちゃんと調べておこう。

利用の仕方もおもしろくて
1.クレジットカードで決済する。(1日か1週間のどちらかの無制限利用で決済。)
2.暗証番号が画面に表示される。
3.好きな自転車を選んで暗証番号を入力して、ガチャっと自転車をステーションから引き抜く。
4.30分以内にマンハッタン中にある他のステーションに戻す。(30分を超えると10分毎?に4ドルくらいがチャージされる。)

どうやら、盗難防止とスムーズな循環?が目的で自転車に鍵が付いていないのですが、そこら中にステーションがあるから、結構このシステムは機能していましたね。
ニューヨークという街の特徴に合わせたアメリカらしい合理的なシステムがおもしろいですよね。
あと、おもしろいなと思ったのはミッドタウンとアップタウンの境目であり、セントラルパークの南端の60stを境目にそこから上はまったくステーションがないんです。
御存知の通り、アップタウンは高級住宅街であり、高級住宅街の住民にとってはcitibikeはウェルカムではないんでしょうね。たぶん。
なんかそういうNOって言えるハッキリした感じがまたこれアメリカっぽいなって。

もし旅行なんかでニューヨークに行かれる際はこのcitibikeを利用してみてもおもしろいなと思います。
地下鉄で移動していると点と点でしかエリアが繋がらないけど、自転車で動くと地図が脳みそに直接入ってくる感覚があるんですよね。それって僕の中では旅行の醍醐味の一つかなと。
今回、citibikeに乗っててほとんど観光客の人が利用している感じでしたね。まあ時間帯にもよるかもしれませんが。

Img_9794


ダウンタウンやイーストヴィレッジをぶらぶらした後は盟友chari&coへ。
彼らには2008年に初めて会ったんかな?それ以来本当に毎回お世話になりっぱなしなんです。
オーナーのYukiくんが同い年で同じ関西出身ということもあり、仲良くなって、よく家に泊めてもらってたり(結婚後泊めてくれなくなった、、)、大雪の深夜の中、一緒に歩いてピザ食べに行ったり、キャッツキルで散弾銃をぶっ放したり、mincaにラーメン食べに行ったり、、、とにかく良い思い出がたくさんあるっぽい。
今回もspecialized/mashsfgarrett chowがツール・ド・フランス行きたいから資金集めの為に作ったボトル(only us shipping)を預かってもらっていて、、ありがとう!
最近はキャップやt-shをUAやBEAMSなんかでも展開しているらしいので要チェックやで!

Img_9797


chari&coのバックヤードでBROOKLYN LAGERを流し込んでいると段々と眠気が、、。
この後は気絶するように眠ったと思いきや、大阪の重鎮NALU谷井さん、PUBLIC西さん、そしてそして20数年振りにアメリカ再上陸のUNCLE SAM宮田さんの御三方がイーストヴィレッジでグルメ合宿をしているとの情報をキャッチして、早速合流して、長く楽しい夜だったとさ、、、。

その3】へ続きます。

|

ニューヨーク出張-その1

先月7月にアメリカ出張へ行った際のまとめを書いておこうと思います。

Img_9768


今回はギリギリまでスケジュールに迷った挙句、夏休みにちょうど入りかけていた時期で、丁度良い具合のチケットがゲットできず、早朝関空〜羽田〜成田〜JFKというなんとも微妙な乗り継ぎをメイクしてしまいました。しかも関空を6時半頃?出発で関空に前泊しないと間に合わないという珍スケジュールに前々日に気付き、東京出張から戻ったその脚で関空へ向かうという1日だけデキるビジネスマン風なスケジュールでしたが、1日だけデキるビジネスマンのスキルを発揮してなんなくと事なきを得たバタバタ出発でした。
当日、げんなりしながら羽田で成田行きのバスを待っていると、なんとテレビで「あまちゃん」がやっているではありませんか。
約2週間は見れないと覚悟していた矢先の出来事。ちょっとうれしかったです。


Img_9769


スターアライアンスゴールドをしぶとくキープしているので、プレミアムエコノミーにしてくれましたが(ビジネスクラスへのアップグレードは2-3年ご無沙汰だなぁ、、)、機内消灯の後に、隣のおっちゃんが酔っ払って寝てしまい、氷が全部溶けたコップ一杯に入ったウィスキー水割りを盛大に僕の股間にぶちまけるという大技をメイク。しかも、テキトーな謝り方だったので大戦勃発。
かと思いきやCAの神がかった対応によって即終戦。ああいう年下に素直に謝れないおっさんにだけは僕もならないように気を付けようと思う教訓になった良い機会でした。
それにしても機内で上映していたNYタイムズのビル・カニンガムのドキュメンタリーがおもしろすぎて3回も観てしまいました。
僕はああいう人にはなれないっていうのはわかっているので余計に影響を受けまくってしまいますね。


Img_9775


僕はニューヨークには10年ほど通っているのですが、最初の頃は出張の勝手もよく分からず、HISとかで適当に取ったタイムズスクエア近くの宿なんかに泊まったりしていました。
そして、段々と現地の知り合いも増え、バイヤーとしてのセコくて小賢しい知識も増え、ブルックリンの友達の家やダウンタウンの安宿に泊まらせてもらったりしていると、マンハッタンにタクシーで入っていく時のルートが大体いつもダウンタウンのウィリアムズバーグブリッジもしくはミッドタウンのトンネル経由になってしまうのです。

わかりにくいので説明するとウィリアムズバーグブリッジとかミッドタウンのトンネル経由でマンハッタン入りするとマンハッタンの高層ビル群が見えないのでイマイチ気持ちが盛り上がっていかないんです。(初めてでも何回訪れてもあのマンハッタンの光景は旅気分を盛り上げてくれるもんです。)

今回は「ちょっと新鮮な気持ちになりたい。」という訳のわからない理由でタクシーの運ちゃんに交渉してみました。

僕「ちょっとクイーンズボローブリッジ経由でマンハッタンに行ってくれへん?」
運ちゃん「え?だってお前の宿ミートバッキングやろ?」
僕「いや、ちょっとミッドタウンの景色を見ながらマンハッタンに入っていきたいねん。」
運ちゃん「いや、ちょ、だから、、」
僕「わかった。10ドル出すから」
運ちゃん「オケ!」

という訳で無事クイーンズボローブリッジを渡っている時にiPhoneからはこの曲が流れていたとか、いないとか、、。


Img_9783

もちろん、着いた後はいつものBroomeの金魚屋の角を曲がったあのフォーのトコへ。

ちょっと長くなるので【その2】へ続きます。

|

2011.06.07

臨時休業日のお知らせ

海外出張の為、大変申し訳ございませんが、下記日程は臨時休業とさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

6月11日(土)臨時休業日
6月12日(日)臨時休業日
6月13日(月)通常営業
6月14日(火)臨時休業日

| | コメント (0)

2011.05.27

めっちゃ寒かったよ。SAN FRANCISCO

Img_3172

一週間ほどサンフランシスコへ行ってました。

Img_3178


最近は時差ボケ解消の為、朝からBERNAL HEIGHTS PARKを登ってます。
その後、MISSIONのカフェとかにパンを卸している日本人経営のパン屋さんまで散歩。
カレーパンとか日本ぽいパンがずらり。美味し。

Img_3177


GREEN APPLEへ寄った後、INNER RICHMONDの超有名BERMESE(ビルマ料理)"Burma SuperStar"へ。
初はちょっと香辛料キツすぎですが、慣れるとハマりそうな味でした。
RAINBOWサラダが美味い!


Img_3179


ALKATRAZへトライするも2日先までチケットSOLD OUT、、、orz
仕方ないので初IN-N-OUTへ。超シンプルなメニューのハンバーガーチェーンですが、やたら裏メニューが多いココ。一番ベタな裏メニュー"WILD STYLE"で。美味し。

Img_3180


この人、誰でしたっけ?DFW? T.H.R?
バリー・マッギーCREWかな?

Img_3181


RAINBOW GROCERYでTROUBLE COFFEEの取り扱いが始まってました。
これでSUNSETまで買いに行かなくて済む!

Img_3184


2日目の朝はGolden Gate Parkライドで時差ボケ調整です。

Img_3186


まあどうせTROUBLE COFFEE行くんだけど、、
ここはシナモントーストが最高に美味し。
朝からローカルな人でいっぱいです。

Img_3188


今回は2回もパンクしちゃいました、、。
サイクリストがみんな良い人で「大丈夫か?」「オレ、MASHクルー知ってるぞ」「DE LA PAZのJASONの知り合いか?」とかめっちゃ声掛けてきてくれます。
でも今回珍しくずっと修理道具持ち歩いてたので大丈夫でした。

Img_3189


今回の大きな目的の一つ。
FREE WHEEL HAYESを通してオーダーしていたCXフレームが仕上がってきていて、パーツを日本から持っていったのと、現地で揃えたものを持ち込み。
組んでる途中ってテンション上るなー

Img_3190


Img_3192


Img_3196


OAKLANDのPHO AOSEN。
EAST OAKLANDは黒人だらけのヤバイ地域とかが有名だけど、ココはダウンタウンの近くでまだマシなのかな?
店内は8割アジア系と黒人、ヒスパニックが2割。
味は美味し。こういうとこっていつも会計の時、テーブルでするのか、レジまで行くのか、迷います。

Img_3197

その後、EAST OAKLANDのスリフト巡り。
古着のバイヤーさんって大変だっ!!


Img_3194


サンフランシスコへ戻ってきて、やっと念願のKEN KEN RAMENへ。
ココは週2日だけオープンするラーメン屋さん。
かなりオシャレピーポーたちが集まっていて、スタッフも味もオシャレです。
住んでたら毎週通うと思います!美味し。
DE LA PAZ COFFEEのオーナーJASONはラーメンが大好きで、KEN KEN RAMENは麺が「SO SO」だって厳しくも的確な意見を言ってました。

Img_3200


翌日、OCTAVIAのBLUE BOTTLEへコーヒー飲みに行ったら紙カップがオシャレになってました。

Img_3201


MASHのお店がオープンしたんで、遊びに行ったんですが、全然写真撮るの忘れてた!!
大好きな写真がトイレに飾ってありました。
場所も建物もすごくMIKE MARTINぽいオシャレな感じのお店です。

Img_3205


FREE WHEELから「組めたよー」って前日に電話があったんで、受け取ってGGPの中を試し乗り。
最高に気持ち良かった〜!!


Img_3209


次の日もDOLORES PARKでゴロンしながら読書と音楽を聞きながらマターリタイム。
近所のBITE-LITEでサンドイッチとスープを買って美味し!
BITE-LITEのアイスクリーム屋さんも美味し!!

Img_3210


初めてPOMに挑戦してみました。濃い!

Img_3217


帰りの空港SFOのフードコートのジャパカツカレー。具がごろごろしてて美味し!

Img_3219


帰国して京都駅着いて、デカイスーツケース転がしてソッコーで第一旭たかばしへ!!
言わなくてもわかるが美味し!!

| | コメント (0)

2011.01.29

お仕事 in NYC

Img_2787


今まで某有名ショールームに営業活動をアウトソーシングしていたBAND OF OUTSIDERSが今回からNYのNOLITAエリアに自社のショールームを開設していました。
そして今期?からランウェイでもショーを見せていくみたいですね。
と同時に日本国内での営業活動を日本の商社に任せることになったみたいです。
今回もそれほど大きく変わらず安定したコレクションだったんですが、相変わらずモノづくりが安定している印象です。
うちはこのブランドに関してはシャツに比べて高額なアウター類やテーラード類をあまりカバー出来ていないのですが、その辺は東京やニューヨークのデパートじゃないと難しい感じだなぁと改めて感じてしまいました、、。
ニューヨークのバーニーズ行ったら20万近いジャケットを普通に買えそうな顔した人ばかりですもんねぇ。まあしょうがないですけど。
という訳でうちはいつものシャツとポロ中心のBANDの中でもカジュアル路線取り扱い予定です(笑


Img_3126


もちろん、いつもお世話になっているchimalaへも当然行ってきましたよ!
今回もクオリティの高い仕上がりのものばかりでデニム、ペインター、シャツ、カバーオールあたりがかなりオススメです。
アメリカでも日本でもレディースの方がかなり好調みたいです。某大手セレクトショップでは即完売が
続いてるみたです。すごい!
アメリカのデニムメーカーですべて日本生産で行っているところってほとんどないし、きっちりした仕上がりのクオリティを求めつつ、あまり派手な仕上がりではない(アメリカのデニムブランドってみんな派手派手、、)ところって老舗以外であんまり多く無いような気がするのでその辺りがchimalaの強みなんでしょうね。ヴィンテージを好きな人が好む世界観っていうか。あまりスタイリッシュ過ぎない仕上がりというか。それでいてレプリカブランドじゃないっていう。ファッションはポジショニングが難しいです(笑
そしてイーストヴィレッジにも食事に連れて行ってもらいました。あんなに美味しい和食はココ数年食べてません!ありがとうございました!!


Img_3127


Img_3138


chimalaさんではこのあたりが気になりました。(2011年秋冬デリバリ商品です。)


Dsc_1869

その翌日かな。BURKMAN BROのウエストヴィレッジの事務所へ行ってきました。
元GAPにいた兄弟でアメリカ版のGQ誌とCFDA(米国ファッション協議会)とが主催するGQ/CFDA awardsの「Best New Designer in America」に2009年にノミネートされています。
元GAPにいただけにクオリティとプライシングとのバランスが非常に良いブランドです。
良い意味でとってもアメリカンなブランドですね。
無駄にコレクションも大きくないし、出来る範囲で出来る事をコツコツやっている印象です。
彼らの印象もとても良いし、ちょっとお姉系を感じますが、それは気にしないでおきましょう。
バーニーズCOOPでも早速取り扱いされているし、Newtonでも今期2011春夏からの取り扱いとなりますので皆様ご期待下さい!!
ちなみに彼らは「旅」をしてインスピレーションを得るみたいでアジアの国々がどうやら好きみたいです。
でも洋服は完全にアメリカンなところがさすが!

Img_2768


そんな合間にsohoのKIOSKに連れて行ってもらいました。
SOHOのビルの2階にあって(SOHOで2階にあるお店ってなかなか見掛けません。)なかなかアンダーグラウンドな臭いプンプンな場所にあります。
商品は世界中のおもしろい民芸品とかローカルな雑貨を集めてきています。
結構日本のモノも多くてウエスタンな目線のフィルターをくぐった日本のグッズたちに心惹かれてしまいました。
あそこはSOHO行く人に是非オススメです。


Img_2795


あとたまにデニム系のお店で和物のインディゴ古布を見掛けます。
BOROって言われてるジャンルで昔の東北地方の農民とかそんな人達が貴重な木綿(寒い土地では綿は育ちにくいので)を今でいうパッチワークにして布団カバーとかを作っていたり、補修していたりするものをBOROと読んで流通しています。
インディゴ(藍)と手紡ぎ綿の布の風合いがデニムに通じるんでしょうね。
僕も藍、刺し子、手拭い、綿風呂敷あたりには反応してしまいます。
1800年代後半のデニムだったら相当高いですが、和物の藍端裂とかだったら数千円ですからね。おもしろいですよ。

Img_2800


最終日はブルックリンのグリーンポイントとかアトランティックAv周辺とかの小さいお店とかを廻ってたんですが、KING KOGがすぐとなりに移転してました。
GINAもなんかこのバンドを頑張っているらしくて、冬はあんなに寒いニューヨークで自転車の商売が成り立つのかな?という心配を吹き飛ばして頑張ってるみたいです。結婚もしたみたいだし。
ちなみにKING KOGのジャージがめちゃめちゃ人気あります!!

Blkyeltee_o1


KING KOG TEEも入荷してます!

Img_2982


1月定番の街中に捨てられたもみの木たち。
どこから来てどこへ行くの!?

Img_2801_2


帰りの便は珍しく窓側でした。
マンハッタンよ。サヨウナラ〜。


Img_2802


ただいま!

Img_2807


成田から伊丹も窓側だったんですが、富士山上空!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧