« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.19

加利福尼亜の記憶-その4

たぶん、というかアメリカ人の若者で「レッドウィング」を知らない人は意外と多い。

溶接工をやっている28歳のカリフォルニア人の友人は日本を旅行中「こんなにレッドウィングのブーツが揃っているのを初めて見た!」と興奮した様子で渋谷の通りがかったお店の写メを送ってきてたし、、。

僕が住んでいたサンフランシスコは大都市LAと違って「ファッション」と言われるものがほとんど無い田舎町だった。
でも、「ファッション」は無いけれど強烈な「文化」があった。
「第三のコーヒーブーム」「シェ・パニース以降のレストランブーム」と「家賃が上がりまくる原因のITな人達」
サンフランシスコというかベイエリアでは今でも世界中から人が集まってきている。
でも、そんな街ではみんなVANSとLEVIS511とスリフトで買ったミリタリージャケットや地元の友だちが刷ったT-SHを着ている。
正直、カッコよく見えた。

でも、そんな街で僕はRALPH LAURENに良く立ち寄っていた。
というか少し苦手だったRRLが段々好きになっていった。
PRPSのデニムに良く合った。

という訳で今回、ちょっとだけ向こうからRRLのトップス類を送ってもらいました。
PRPSのデニムに相性が良いのでオススメです。

Photo2

こちらからどうぞ。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »