« スパイダー | トップページ | 04.11.18のコーディネート »

2004.11.15

神護寺

1112_.jpg
*画像はそうだ 京都、行こう。より抜粋。

京都は秋の観光シーズン真っ只中です。
Newtonの近辺には有名な高級旅館"俵屋""柊屋"もある旅館地帯なんですが、外国人と修学旅行生が異常発生するシーズンでもあります。
古き良き京都に興味のない京都人がこのシーズンにベタな観光地に行くとけっこうカルチャーショックを受けます。
「これが京都なのかっ!!」ってぐらい人が多いので。
「観光地京都」の側面は日常生活ではほとんど感じられないもんなんですね。

そういえば昔、自転車で永観堂に紅葉を見に行った時
観光客のおばちゃん数人に
「☆△●×寺はここからどれくらい掛かるの?」って聞かれたんですが
「それどこ?!」
という聞いた事もないお寺で
「わかりません。」って答えたら
「あなた役立たずですから〜!!残念!!」
みたいな目で斬られて寂しかった思い出があります。
観光客の人って異常に詳しいですからね〜。

「へ〜、そうなんですね〜。」
と京都出身以外の人から京都知識をわけて頂く事が非常に頻繁にあります。

また"法然院"でも見てきますか。

|

« スパイダー | トップページ | 04.11.18のコーディネート »

☆京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41777/1964263

この記事へのトラックバック一覧です: 神護寺:

» 神護寺の紅葉 [PUICPブログ]
ヤフーでも「もみじ紀行2004」などと言うのをやってますが、高雄の神護寺の紅葉も... [続きを読む]

受信: 2004.11.22 15:13

« スパイダー | トップページ | 04.11.18のコーディネート »